腰痛・坐骨神経痛・ヘルニアの鍼灸治療|西条 高屋 東広島の整体院


トップ診療についてアクセスメニュー院長について無料相談

腰痛・坐骨神経痛治療への思い・・・

腰痛の悩みをもっと早く解決できていれば・・・

私は中学時代、陸上部に所属していました。

種目は「短距離」「走り幅跳び」「400mリレー」

憧れはオリンピック金メダリスト、カールルイス。

広島県で誰よりも速く!誰よりも遠くへ!と練習に励んでいました。

1年生の成績は予選を突破し賞状をもらい、県大会、さらにその上の大会への標準記録まであと少しで到達できる!

練習に打ち込んでいました。

このまま順調に記録が伸びるものと期待していました。

<腰の激痛>

1年生後半になり走り幅跳びの記録は試合に出るたびに更新されていたので、ますます練習にも身が入りました。

毎日ジャンプと着地を繰り返すので、腰に疲れを感じる時もありましたが、それよりも記録が伸びることが楽しく、さほど気にしていませんでした。

しかし・・・

2年生になってすぐのこと、いつもと違う腰の痛みに襲われました。

ズキッ!!ズキッ!!刺すような痛み・・・

左足の指先や甲がしびれる・・・

足に踏ん張りがきかない・・・
全力で走るのに、うまく力が入っていない・・・

選手生命にかかわるといけないので、整形外科に受診しました。

検査結果は

「椎間板ヘルニア・それによる左坐骨神経痛」

医師からは半年間の練習禁止と指示がありました。

そして、半年間の安静の後もう一度検査して状態が良くなっていなかったら・・・

「手術」

目の前が真っ暗になった瞬間でした。

これから!これから記録更新し上の大会に挑むつもりが。

リハビリとして腰痛体操、痛みがひどい時には注射や座薬を入れて半年間腰痛が改善することを願いました。

半年後

「やや改善。手術をする手前だが急いですることもない。引き続き痛みがあるなら安静にしながら競技しなさい」

半年間のブランクと痛みによる記録の伸び悩み。

陸上競技生命は事実上終わったのでした。

陸上をやめてからは、サッカーやバスケットボールを趣味としていましたが、突然襲う激痛には日々悩まされました。

高校生、社会人になっても毎年のようにぎっくり腰になり本当に腰痛の辛さを身をもって体験したのでした。

<腰の悩み解消鍼灸院へ>

若くてもひどい腰痛になること。

それによって目標を見失う経験をしたこと。

なにより、日々痛みに悩まされること。

精神的な辛さ。


私は鍼灸治療を受けることで、ぎっくり腰が出なくなりましたし、日々の生活で腰痛を感じる頻度が激減しました。


腰は体の要です。

腰を整えることの大切さ、腰痛が軽くなる嬉しさ。

私自身が腰痛を体験して味わった辛い思いを、同じように味わい痛みに耐えている方がたくさんいます。

痛みはストレスになり、ストレスはさらなる痛みを誘発することがあります。

そのような方に、鍼灸治療で痛みだけでなく、痛みに伴うストレスも緩和してもらいたい。

日々研究と研修をかさね、施術に励んでいます。


院長は、ピラティスや骨盤矯正エクササイズのインストラクターです。

日ごろ自宅でおこなえるメンテナンスやエクササイズも情報提供していきます




診療案内
営業時間
9:00〜12:30
14:00〜19:00
予約制

定休日 火・日曜日
臨時休診 研修予定日

↓の住所に移転しました
〒739-2113
東広島市高屋町高屋東4292−2




治療科目

●自律神経失調症・うつ病に鍼灸治療
●膝の痛み・膝痛の鍼灸治療
●腰痛・坐骨神経痛の鍼治療
●むち打ち・首痛の自賠責治療
●高齢者疾患・寝たきり予防

●慢性疲労症候群

動画



東広島市高屋町で自費の鍼灸治療にて
皆様の健康と病気回復のお手伝いをしております。
日々臨床努力をすることをお約束いたします。